フラット35sエコAとBの違いは何?

フラット35sは、エコ住宅を新規購入したいという人におすすめですね。
Aプランは10年、Bプランは5年、金利の引き下げを受けることが出来ます。
AとBの違いは、その審査基準にあります。
BよりもAの方がやや高い基準が設定されているといえます。
フラット35そのものも、優良住宅に対して行われる融資ですが、更にそれよりも高い基準が設けられているというイメージです。
金利が抑えられて特だということになれば、初期投資がかさんでも、エコに配慮した住宅の購入を選択しやすくなりますね。
それに、実際に住み始めてからのランニングコストを押さえることが出来る上、快適な住み心地を実現できるなら、フラット35sが適合する様な物件にしたいですね。
SBIモーゲージリフォームローン口コミ