家庭教師ナビ - 個人契約の実態と実例

 

あなたは、家庭教師を頼んで勉強をみてもらった経験がありますか?昨今は不景気な世の中ですが、最近ではゆとり教育の影響なのか、家庭教師と個人契約を結ぶ家庭が増えているようですね。学校での学習時間が減ったことで勉強不足だと感じるために、学校以外で学習する時間を積極的に作っているようです。

 

さて、そもそも家庭教師とはどういったものなのでしょうか。体験した事がある方ならある程度理解しているかと思いますが、登録する業者によってそれぞれ価格も講師の質も違うものですよね。また、教師の側からすると、依頼者である子供達一人一人の性格によっても状況が各々異なると思います。

 

そこで、こちらでは指導者の立場の方に役立つ情報と、個人登録を行なう依頼者の立場の方に役立つ情報をご紹介しています。家庭教師という存在は、大切なお子さんの将来を左右するくらいの存在なので、分からないことはここでしっかりと理解して、事前に状況を把握しておく事をお勧めしますよ。

 

一般的に家庭教師として働いている人は、主に大学生か大卒者の割合が多くなっています。中でも、有名大学に通う学生ならば、大学名がブランド化しているところがあるので、それだけで採用の際に優遇されることが多々あるようです。また、過去に塾講師の経験がある受験のプロが在籍している業者もありますね。

 

そんな中、あなたはどんな人を指導者として選びますか?現在では様々な業者がある上に、それぞれ企業ごとに色々なタイプの人がいるので、どんな指導者が来るのかとても気になりますよね。学習方法や、特に子供と異なる性別の人の場合には、親にとっては色々な心配がよぎることだと思います。

 

恋愛に発展したという事も少なからずありますからね。しかし、そう簡単に恋愛に発展するでしょうか。確かに、中学生や高校生というのは多感な時期で、家庭教師という一人の大人が魅力的に見えるかもしれませんね。ですが、大学生と言えども指導のプロなので、あくまでもプロとして勉強を教える事だけに集中していますよ。

 

なので、その点については過度に気にしないようにしましょう。気になるなら事前に同性の人を家庭教師として選択すると良いですね。とは言っても、教える事や恋愛よりも重要な事があります。それは、子供と上手にコミュニケーションが取れるかどうかです。たとえ有名大学の学生で偏差値が高い人であっても、コミュニケーション能力が低ければ、プロとして指導していく事は難しいと思いますね。

 

よって、どのタイプを選択するか迷っている方は、学力よりもまずは子供さんとの合う方を選ぶことが大切になります。そうすることで、分からない問題も気兼ねなく聞けるようなより良い関係を築く事が出来るので、成績アップが大いに期待できると思いますよ。

 

ちなみに、気になる授業料の相場についてですが、これは業者や地域によって様々なので一概には言えません。講師上がりのプロであれば割高だったり、それぞれ企業によって支払制度等が違ったりするので、授業料の相場については直接問い合わせてみると良いですね。登録前に子供にピッタリの先生を選ぶ際にも手数料が発生するところもあるので、確認が必要になります。

 

一般的には、子供にピッタリの指導者を選ぶことは当然の権利なので、手数料は発生しないものです。よって、そのような登録料が発生する所は悪徳業者の恐れがありますね。十分に注意しましょう。よく頻繁にかかってくる勧誘の電話にも要注意です。電話一本だけで決めるのではなく、家族と相談したり口コミを調べたりして、慎重に考えるようにしましょう。

 

一つの選択肢として、母親が家庭教師になるというのも良いですよ。勉強に自信が無い方でも、一度学習した内容なだけに教科書を読み返せば理解できるものです。料金の相場が地域や業者によって違う上に、相場が低くてもこの世の中では登録料が負担になると思うので、それを節約する意味でも個人レッスンはお勧めになります。我が子とコミュニケーションを取る良い機会にもなるので、あなたもいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…